髪 ダメージ シャンプー

髪が傷む原因3:刺激の強いシャンプーも!?

特に市販のシャンプーには髪が傷む原因(頭皮にとっても)となる成分『界面活性剤』『スタイリング剤』『コーティング剤』が含まれているものも少なくありません。

 

これらは汚れだけではなく、剥がれやすくなったキューティクルも一緒に落としてしまうばかりか、頭皮に吸着し、毛根を弱らせてしまう原因です。

 

そのことから、枝毛や切れ毛をケアするどころか反対に増やしてしまうんですね。

 

やはり、日頃からダメージケアを重視したヴィフラのモイストクレンジングシャンプーを使ってダメージのケアをこころがけましょう。

 

 

ちなみに「泡立ちが良い=髪がキレイになる」ではありません。

 

ロングヘアでも3プッシュ程度の量で十分です。

 

その量を手のひらでしっかり泡立ててから、髪の頭皮側から毛先に向かってなでるように泡を塗りつける感じで伸ばすだけ。

 

なお、手で揉むように洗うのでは無く、ブラシでブラッシングするのが髪の正しい洗い方です。
(お湯の温度は38℃くらいの少し温め)

 

 

ヴィフラのモイストクレンジングシャンプーは、市販のシャンプーと比べて「洗っている感」が少なく感じるかもしれませんが、大量に使う必要は一切ありません。

 

もし、今までシャンプーのやり方が間違っていたらこの機会に改めてみてくださいね。